スイスの世界遺産とは?文化、自然、複合遺産と合計12の世界遺産をもつ国

旅行

スイスの世界遺産とは?文化、自然、複合遺産と合計12の世界遺産をもつ国
  • Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録

スイスの世界遺産とは?

文化遺産、自然遺産、複合遺産と合計12の世界遺産を持つ魅力的なスイス。その中から絶対に一度は訪れたい3つを紹介いたします。

1・ベルン旧市街(世界文化遺産)

ベルンはスイスの首都。街の周りを川が囲み、中世の雰囲気がそのまま残った旧市街はあまりに素敵すぎる。。ユネスコの世界遺産にも登録されスイス人に最も人気の街ベルンの人気の理由は「人々の優しさ」だとか。

ベルンの街の様子はこちらから♪

2・スイスアルプス・ユングフラウ・アレッチ(世界自然遺産)

スイスアルプス・ユングフラウ・アレッチはスイスにある世界遺産で、世界で最も美しい高山風景のひとつでもあります。また、ユーラシア大陸で最も大きな氷河地帯で、ヨーロッパ最長の氷河です。
標高3454mには、ヨーロッパで一番高い駅には、世界で一番高い郵便局があります。この地域は約5割が氷河に覆われており、地質学的に貴重な保存地域となっています。スイスアルプス・ユングフラウ・アレッチは氷河の進行・変化の研究で注目されていますが、近年は特に気候変動や地球温暖化との関連で、注目されています。

出典 http://worldheritagesite.xyz

スイスアルプス・ユングフラウ・アレッチの動画はこちら♪

3・ザンクト・ガレン修道院(世界文化遺産)

ザンクト・ガレン修道院はスイス北東部の同名の町、ザンクト・ガレンにある修道院です。ザンクト・ガレンの町は、キリスト教の神学研究の拠点としてヨーロッパ中に知られる町です。612年に修道士ガルスがつくった小さな庵に始まり、8世紀に正式に創設されました。

文化と科学知識が集結された学問の総本山として、16万冊にのぼる貴重な写本や稀観書といった図書館の蔵書とあわせて中世ヨーロッパにその名を轟かせていました。現在の修道院は、18世紀に改装されたはバロック建築の傑作といわれる美しいものになっており修道院としての機能はおえましたが、今でも付属図書館の蔵書は解放されています。
図書館に残る重要な文献や美術品、9世紀に描かれた建築設計図などもあわせて文化遺産登録となりました。

出典 http://worldheritagesite.xyz

ザンクト・ガレン修道院の動画はこちらです♪

さてお楽しみいただけたでしょうか?絶景の国・スイスは治安もよく四季もあり風光明美の代表格。一度世界遺産の旅に訪れてみませんか?


キュレーションとは:IT用語としては、インターネット上の情報を収集しまとめること。または収集した情報を分類し、つなぎ合わせて新しい価値を持たせて共有することを言い、市場規模は右肩上がりの成長を続けている。情報収集はもはやパソコンででなくスマホで隙間時間にする時代。時代に合ったキュレーションで新しい価値を生み出し自分の財産にしてみませんか。

1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

カテゴリー

月別アーカイブ

世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。